貧乏暇無しのあなたへ

DRM

僕が知っている起業家は

2つのタイプがいます。

 

数億円資産が普通にあるのに、

毎週毎週セミナーで駆けずり回って

1回のセミナーで2000万売り上げたりしています。

 

前回セミナーは即金で儲かるという話はしましたが、

1日で億を売り上げたりする人もいます。

 

その企画が終わると、

次の案件次の案件、

 

このように止まることのない

起業家です。

 

忙しいとはいいことだと日本人は言いますが、

僕はその逆で、

 

忙しいのは悪と思っています。

 

その中でも一番最悪なのは、

貧乏暇無し状態ですね。

 

僕の知り合いの起業家はまだ稼いでいるので、

良いですが、

 

貧乏暇無しは

 

働いても働いてもお金がない状態です。

会社はブラック 給料安い 休みなし

 

働き方改革と言いながら、

そういう貧乏暇無しの人は、

残業がなくなるとさらに貧乏になるので、

また別のところで働き出します。

 

時間を切り売りしてお金を稼ぐことしか

頭に無いので、

 

とにかく自分の時間を使って、

働けば生活が楽になると思っていますが、

現実は死ぬまでその状態は変わりません。

 

2つ3つと仕事を掛け持ち、

永遠に労働収入から脱出することは、

考える暇もない

 

まだこの状態より

 

貧乏暇あり

 

の方が僕は金もちになれる

チャンスはあると思います。

 

時間が作れるというのは、

最高の武器となります。

 

なんせ勉強することができますからね。

このブログもあなたが

稼ぐようになる情報が詰め込んでありますし、

知識を身につけることができます。

 

一方もう1つの起業家は、

全く何もしないで、月1000万を稼いだりしています。

 

これは何をしているかというと、

例外なく

ダイレクトレスポンスマーケティングという手法を

自動化してほったらかしで稼ぐ仕組みを構築しています。

 

以前の記事にも書きましたが、

DRMとは集客・教育・販売という流れで

売り上げを立てていくという

最強のマーケティング手法です。

 

これを説明すると

長くなってしまいますので、

 

全てを自動化できるということです。

 

集客自動

教育自動

販売自動

 

忙しい起業家 8%

暇な起業家 2%

 

貧乏暇無しサラリーマン 90%

 

割り当てきにこんな感んじで、

ほとんどの人は忙しいく

 

仕組みを構築できている人は、

ほんの一部です。

 

またこのDRM自動化仕組みの作り方を、

記事にしていこうと思ってます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アリとキリギリスの話は知ってますか?

イソップ物語で

 

夏にありがせっせと働いて冬に備える

一方キリギリスは夏に遊びまくって冬になった時

食べ物がなくなり死んでしまう

 

という話ですが、

 

これはビジネスでも同じことです

 

コツコツ働いて貯蓄していく人間

あるものは全て使ってしまう人間

 

コツコツ働いてその中からエサを分けてもらい

働いている内は死ぬことがない

これは人間界ではサラリーマン型

 

その反対は

自由に食べ物を食べて

 

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました